運転免許証の種類

運転免許証といえば、自動車の運転に必要なものですので、クルマ社会で生きていくには必須のものといえます。
一言に免許証といっても、いろいろな種類がありますが、一般に免許といえば、普通自動車免許のことをいいます。

オートマ車の登場により、運転免許証は従来通りのマニュアル車に乗れるものと、オートマ車限定のものに分けられました。
マニュアル車とオートマ車を両方運転できるMT免許と、オートマ車しか乗れないAT免許です。

片一方しか運転できないものよりは、両方運転できる方が潰しが効くからいいだろう、と一見して思えるかもしれませんが、21世紀になりマニュアル車はほぼ存在しなくなった状況では、そうとも言い切れません。
それなら、わざわざ難しいことをやらないでも、さっさとAT限定免許を取ってしまったほうが効率的ともいえる情勢になってきています。

また、この普通免許、私用でのクルマの運転や、社用車で移動するための運転を可能とするものですが、人を乗せてお金を取る場合、つまり業務としてクルマを運転する場合には使えません。
そのためには、第二種運転免許が必要となります。
運転を仕事にするには必須となるこの二種免許、通常の運転免許に比べると、ハードルが高くなっています。
もちろん人の命を預かる職業につくための資格であることが、狭き門である最大の理由ですが、やはり職業選択の幅を広げる「使える資格」ということも、その難しさと価値を高めています。

ここでは、このような免許証取得の選択肢について解説します。



▼関連情報
合宿免許 ... 自動車の運転に必要な運転免許を激安料金で取得できる合宿免許の施設を紹介しています。